CRMはアパレル業界でも必要性が高まっている

アパレル業界において、かつては、顧客情報をエクセルなどに入力するだけという管理の仕方をしているところもあったようです。しかしながら、近年はCRMを活用して、顧客との長く良好な関係を構築しようとする企業が増えています。その背景には、ユーザーの好みが多様化していることや、インターネット通販の普及によってアプローチの仕方が変わってきたという流れがあります。かつてのように、流行のものを作り、大衆向けに一斉にアピールすれば売れるという時代ではなくなったということが言えるでしょう。

CRMの導入によって得られるメリットはいくつかありますが、顧客一人ひとりに向けたアプローチができるという点は大きいでしょう。入力した顧客情報を元に、どんなライフスタイルなのか、何に関心があるのかといった細かい分析ができれば、その顧客が欲しいテイストのものを紹介し宣伝ができます。その結果、顧客満足度が上がりリピーターが増えるという好循環が期待できるのです。さらに、以前に購入した商品と合わせられるコーディネートを提案したり、アイテムを紹介することでも購買率は高まります。

また、顧客の誕生日や記念日に合わせてメールを配信したり、期間限定のセールやキャンペーンをおこなうのも効果的です。それらを可能に出来るのがCRMツールを活用した顧客管理であり、ツールは顧客情報の管理のみならず満足度調査にも生かすことができます。何に不満があるのかを洗い出せれば効率的な戦略が立てられますので、長期的に利益をもたらしてくれるロイヤルカスタマーを増やすことにつながります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*