後悔しないSFAツールの選び方

SFAツールを選ぶ上で欠かせない条件が、親切なUIと操作性の良さです。難しく考えることはなく画面を見て、すぐに使い方が分かりやすそうと感じるものであれば第一段階はクリアと考えれば良いでしょう。もちろん見やすさだけでなく操作性も重要な要素なので、実際に触って確かめてみることが大切です。機能の一覧の中からすぐに目的のものが選べて、簡単に報告書の作成ができるようなソフトが理想です。

加えて商談中やその直後の移動中に使えるように、スマートデバイス対応である製品を選ぶことを忘れないようにしてください。機能の充実もそうですが、操作や設定のサポートサービスが充実しているかどうかもSFA選びには重要なポイントです。ツールをフル活用して業務の効率化や営業プロセスの改善を図るのが目的であるのに、操作や設定に難航して数ヶ月はまともに扱えないのでは話になりません。営業部門にSFAが定着してなおかつ一定の効果が得られるまでの期間は、システムの試行錯誤が必要な訳で中長期的なサポートは不可欠と言えます。

製品そのものだけでなく、こういったサービス面にも気を配って選ぶことが大切です。導入実績を参照するのも、1つの選択基準となることでしょう。他の企業が導入した事例、改善の様子などを見つつその実績を確認すればツールの有用性も分かるようになります。欲しい機能と価格のバランスを考慮しながら、いらない機能に関してはすっぱりとオミットするなど目的・目標に即したツール選びを心がけてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*