営業部門をサポートするSFA

SFAは営業支援ツールや営業支援システムを意味する言葉で、その名の通り営業部門をフォローし、業務効率を上げるために活用されています。これまでの営業は担当する社員の力量によるところが大きく、転職や退職で会社を離れてしまうと取引先との交渉が滞ってしまうこともありました。これはどのように商談を進めているのか、相手の担当者はどんな人なのか、人柄や所属、会話などもすべて担当者のみの情報に留まって社内での共有が行われなかったことが原因でしょう。SFAは属人性が高く共有が難しい営業部門の仕事をサポートし、社内の連携もスムーズにすることができます。

部門内の社員が商談についての情報を共有していれば、担当者の突然の退職にも対応することができます。突発的に起こる事故などのトラブルにも対処可能となり、商談も滞ることなく進めることができるでしょう。取引先にとってもSFAの利用によって起こるスムーズな連携はメリットがあります。担当者が変更されてもこれまでの話を繰り返す必要がなく、交渉をそのまま進めることが可能です。

担当者が休暇を取っているからといって要望を後回しにされることもなくなり、取引を滞りなく進行できます。また、SFAの利用によって上席が担当者や商談の状況を正確に把握し、アドバイスを行うこともできるでしょう。人手が必要な場合にはチームを増員する、求められた資料を素早く送信するなどの使い方もできるようになっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*