SFAとは社内共有の情報連携ツール

SFAとは営業支援ツールであり、営業部門の中だけで使用するものであると考えている人も多いのですが、これではせっかくの機能が十分に生かされないことになり、その活動の効率化も行うことができません。これは営業支援ツールと言う機能を誤解していることになり、導入効果を存分に引き出せないことになります。そのため、SFAとは何かを正しく理解することが大切です。SFAとは基本的には情報連携ツールであり、これを営業活動を支援するためにその機能を特化したものとなっている場合がほとんどです。

すなわち基本的な情報連携のプラットフォームは営業活動を支援するために作られているものの、その連携の仕組みはそれぞれの企業に置いて自由に構築するものとなっており、その方法によって効果が大きく変わることに注意をしなければなりません。効果的に使用できるSFAとは、一般的には営業部門だけでなく社内の様々な関連部門との情報連携は密接に行えるようになっているものです。商談の進捗状況を製造部門や管理部門に連携することにより、納期の確保や部品調達等をスムーズに行うことができるようになり、提案活動を明確な裏付けのあるものとすることができます。特に顧客から納期の短縮等が希望された場合にはこれらを迅速に検討し的確な回答を行うことができるようになるなど、顧客にとってもメリットが生まれるものです。

単なる営業支援ツールではなく、使い方によっては社内全体の業務効率化を図ることができるものとなっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*