SFAとは業務効率化に不可欠なツールです

会社は様々な部署から構成されており、それぞれ役割分担しながら会社運営を行っています。この中で会社で製造する商品などを対外的にアピールして販売につなげる部署として営業があり、顧客をまわり日々の営業活動を実施します。以前ですと営業活動のノウハウは営業担当が抱えているケースが多かったのですが、最近はSFAと呼ばれる営業支援システム導入で情報共有が進んできています。このSFAとは顧客情報の管理として社名や連絡先などの情報をはじめ、営業が担当している案件の詳細情報なども情報共有するツールです。

更に行動管理として、営業担当者の訪問回数や商談数、成功率などを数値データ化して、どこがネックになっているかも可視化できます。SFAとはこれらの情報共有を通じて、商談リストや予定管理など、従来は紙で記録対応していた内容をITツールで一括管理して定型業務の効率化を図り、顧客への有効的なアプローチ方法や丁寧なコミュニケーションなどコア業務に時間を充てることが可能となります。SFAで蓄積した営業事例や商談情報を分析して、成功確率を高めるアプローチの仕方を導き出すことも可能となり、営業担当による得意不得意の解消や、勘や経験に頼らない営業活動を図る事が可能です。SFAの導入に際しては、導入目的を営業担当者に理解頂き、活用してもらう事が重要となります。

この様にSFAとは導入した後にPDCAを回しながら社内に浸透させてゆくことが大切なポイントです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*