SFAとは営業の生産性向上を実現するツール

SalesForceAutomationを略してSFAといいますが、SFAとは何かご存知でしょうか。多くの企業が導入していることからもSFAとは営業の生産性を向上させると同時に改善に役立てることができるツールである、このように簡潔に説明ができる状態になっている人も多いといえます。ちなみに、SFAとは営業支援システムを意味する略語になるのですが、企業の営業部門内での情報および業務プロセスを自動化させて、情報の蓄積と分析を可能にするシステムです。そもそもSFAへの注目が集まった背景とは、日本経済の長引く不況・市場の停滞・縮小などにより従来から行われていた属人的な営業スタイルが使えなくなった、これに対して売上や利益の拡大に寄与しながら営業プロセスの最適化や案件を効率的に管理しつつ、コスト削減が実現するなどSFAを使えばこんなに便利といった導入気運が高まったことです。

なお、SFAを導入すると営業活動がどのように変化するのか、メリットは大きく分けると3つあります。一つは営業活動が見えるようになる、これは営業活動にプロセスおよび進捗状況、顧客との関わりなどを可視化するといった意味で、営業活動の見える化を実現します。二つ目は、SFAには業務改善に役立てることができる様々な機能が備わっているため、営業活動の効率化に結び付けることが可能になることです。三つ目は、SFAを導入すると営業に関わる情報の蓄積・分析が実現するので営業活動の標準化ができるようになります。

SFAとはのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*