SFAとは社内の風通しを良くするシステム

SFAとは営業活動を中心に社内の情報連携を促進するシステムとなっており、スムーズに商談を成功させ顧客に商品を納入するために重要なものと考えられることが少なくありません。従来は営業のサポートを行うシステムとしてはCRMが主流でしたが。CRMは顧客の様々な情報を蓄積する仕組みとなっており、これを利用する方法は営業マンやその他の関係者の判断に委ねられるものとなっていましたが、SFAでは関連部署の情報をリアルタイムで入手することができるため、より現状に即した情報の収集と判断を行うことができるものとなっています。SFAとは営業が中心になって様々な社内の連携を効果的に行うことができるシステムとなっていますが、このようなシステムが必要となる背景には、多くの企業が部署ごとの縦割りの体制となっており、正式な連絡文書を持って初めて業務が遂行されると言う仕組みを導入していることによります。

担当者同士の情報連携だけではそれぞれの部署の責任が明確にならないため、これまではそれぞれの部署の責任者が承認した内容で他の部署は業務を開始すると言う、非常に動きが遅い仕組みとなっていることが少なくありませんでした。SFAとはこのような状況を改善し、情報提供等業務連携をSFA上で行うことで、組織の実態を損ねないようにしながら、迅速な判断と行動をすることができるものとなっているのが特徴です。担当者同士のやりとりが責任者にも通達される仕組みとなっており、迅速に承認や許可を得ることができるので、様々な動きをスピーディーに行うことができます。SFAとは社内の風通しを良くするシステムと言われることも多く、部門間の連携をスムーズに進める上で非常に重要なものとなっているのが特徴です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*