営業支援システムのひとつSFAとは

近年、国内経済の長引く不況や市場の停滞・縮小によって、従来の個々異なる営業スタイルというものが通用しなくなりました。ですが、売上や利益の拡大に役立つ営業手法の最適化し、効率良く管理しコスト削減するSFAというツールを利用する企業が多くなり、今ではこのツールを使うことが当たり前になってきました。SFAとは、「SalesForceAutomation」の略語で「営業支援システム」を意味します。主な機能としては、顧客の情報を管理する機能や営業活動等の案件ごとの進歩状況や詳細な情報を管理・把握する機能等です。

これらの機能により、これまで営業部門でしか把握できなかった営業活動についての情報や顧客の情報等が可視化することが可能になるのです。更に、可視化されることにより、リアルタイムでこれらの情報を共有できるだけではなく、情報を基に売上の予測や営業についての今後の課題・課題のフィードバック等幅広く活用することができます。このSFAとは大変便利なツールですが、SFAと一緒に話題にあがるツールがCRMです。これらのツールは元々は全く別の問題を解決するために作られたツールですが、現在ではひとまとめにされています。

どうしてひとまとめにされるのか、それには理由があります。その理由の一つが営業支援システムにこれら両方の役割を持っているからです。正確にいうと、マーケティングからそのサポートまでという幅広い業務を行うのがCRM、その一部の機能として存在するのがSFAで、現在導入されているシステムにはこの二つの役割を持ち合わせているのです。この様に、SFAとはCRMと異なるツールですが、組み合わせることにより、営業支援システムとして機能するのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*