営業支援で定期的に連絡を入れる

世の中には営業支援ツールと呼ばれるものが存在しており、これに頼っている会社もないわけではありません。営業支援が魅力的だと感じるところはいろいろあるかもしれませんが、やはり忘れていたことを思い出させることかもしれないです。例えば、会社の悩みで顧客はいてもリピートしてくれる人がいないあるいは長期的にリピートしてくれたお客さんが離れてしまったと言うことがあるかもしれません。確かにお客さんのほうも、少しでも有利な条件のところがあればそこと取引をしたいと考えていますので、すべての顧客がいつまでも長期的にリピートするとは限らないのも事実です。

しかし離脱する人が多いとすれば、何らかの問題があることを客観的に見ておかなければいけません。具体的にどのような問題があるかはなかなか判断しにくいところではあるものの、考えられるケースがあるとすればやはり顧客とのつながりが薄くなってしまったことです。人間は、打算的に考える生き物でもありますが、その一方で感情で動かされている部分の方が大きいといえます。例えば、定期的に連絡をしてくれる会社があるとすれば、その会社のことを常に思い出してくれるかもしれません。

営業支援ツールの役割の1つとして、定期的に連絡を取るようにデータ化し、前回いつ連絡を入れたかなどを表示してくれるものがあります。逆にこれを放置してしまえば、もはやお客さんは逃げてしまうでしょう。このようなことを気づかせるのが魅力的といえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*