インサイドセールスという営業方法

近年使われ始めた営業方法の一つが、インサイドセールスです。インサイドセールスとは会社にいながらする営業活動の事で、これまではメールや電話が使われて来ました。しかしコロナ禍でのテレワークの需要拡大と、それに対応するためのパソコンやタブレットが普及したことで、あらゆる会社への営業活動がビデオ通話で簡単になってきたのです。普段から使っているビデオ通話を、たまたま別の会社からきたとしたら電話感覚で取ってしまうかもしれません。

その意識を利用して、しっかりとアポを取ったインサイドセールスを行えば、効果的な営業活動が出来ると言われています。通常の営業と比べて現地まで足を運ぶ必要がなく、移動時間が必要ないというのが最も大きなメリットでしょう。いちいち車なり電車で移動していてら交通費も掛かりますし、なにより会話している時間を大きく取られてしまいます。また、議事録を作る場合でもビデオ通話なら、それを見返す事で簡単に会話の中身を確認出来るため、非常に便利です。

これは本人だけでなく上司が確認するといった形でも使える為、これまでとは違った利点として注目されるべきところでしょう。今やネットを介して書類やデータをやりとりする事も当たり前になって来ており、それと同時にビデオ通話をしてしまえば通常の会議とそう代わりはありません。一度上手くいった会社は今後もこの方法を使って営業することで、多くの顧客を確保出来るのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*