インサイドセールスの有用性

営業活動はほとんどの企業にとって必須のものですが、必ずしも現地に行って顔を合わせなければ交渉出来ないのではありません。下から電話を使ったセールスはありますし、メールを送り付けるタイプの営業もあります。ここ数年で、テレワークの需要が高まり、どこでもビデオ通話が可能になった関係でビデオ通話による営業活動が行われるようになりました。営業に行った先で感染してしまっては大問題なので、アポイントも比較的付けやすかったのではないでしょうか。

客を招く場合には、相手をする人の立場なども重要でありつつ面倒な要素なのですが、予定が合わないなどの理由で自由度が高くしやすいのも良い点です。こういった社内から営業を行う方法を、インサイドセールスと言います。やはりインサイドセールスの利点は現地まで行かなくていいので、移動時間がないところでしょう。時間だけでなく交通費も掛からないので、可能ならこのままインサイドセールスに全て移行したいと思っている会社も多いのではないでしょうか。

コロナ禍で行動制限が増え、テレワークの準備などにコストが割かれました。その部分はデメリットだったのですが、終わってみてインサイドセールスというメリットの部分が残るとしたら、悪いところばかりでもなかったと感心してしまいます。もちろん出社しなくても仕事の出来る人のテレワーク自体も取り入れるべき要素なので、会社によってはコロナ禍が収まっても使って行く働き方になりそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*