インサイドセールスを効果的に行うためのポイント

インサイドセールスは効率よくセールス活動を行うことができる手段となっており、現在では多くの企業が採用しています。客先を訪問する必要がなく電話やチャットを利用して効率よくセールス活動を行うことができる上、様々な情報を顧客にリアルタイムに提供できるよう豊富な情報をすぐに準備できるので、ストレスなく最適な情報を示すことができると言うメリットがあります。しかし顧客にとってはその利用方法によっては非常に迷惑なものとなってしまうことがあるので、十分に注意をしなければなりません。インサイドセールスのほとんどは直接顧客に連絡をし、その場でセールス活動を行ってしまうケースが多いものです。

一般的な商談の場合にはあらかじめアポイントを取り、事前に内容を伝えて行うことが多いのですが、インサイドセールスは顧客の都合に関係なく飛び込みのような形でセールス活動を行うため、これを迷惑と感じてしまうお客も多いので注意が必要です。インサイドセールスを行う際には状況に応じてしかるべき準備をすることが必要で、長時間にわたる場合にはあらかじめアポイントを取り付けることが重要です。また、飛び込みで行う場合には短い時間に集約させることが重要で、顧客の反応を見ながら必要に応じて切り上げることも良い印象を与えるポイントとなります。インサイドセールスはあくまでも商談を行う側にとっては非常に有利な方法となりますが、顧客にとっては従来の訪問型のセールスと変わらないことを十分に認識しておくことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*