営業活動におけるインサイドセールスの役割とは

インサイドセールスは内側で行う営業活動のことで、外側に出る必要がないのが特徴です。一般的な営業活動はアウトサイドセールスと呼ばれていて、実際にスタッフがオフィスの外側に出なければなりません。暑い夏や寒い冬でも外側に出て移動し、顧客の予定に合わせて商談を行わなければならないので大変です。肉体的にも精神的にも負担が大きく、時間や手間がかかるだけでなく必ずしも取引が成立するとは限りません。

過酷なアウトサイドセールスを担当するスタッフは、肉体と精神の強さが試されています。肉体的にも精神的にも強靭なスタッフであれば、アウトサイドセールスを難なくこなすことができるかもしれません。何度断られても挑戦し続けることができる人材はこの仕事に適しています。ただし現実にはどのスタッフにも肉体や精神の限界があり、無理をすれば限界を超えて壊れてしまう可能性が存在します。

安定した営業活動によって利益を得るには、スタッフに無理をさせないことが大切です。外側に出る必要がないインドセールスを上手く活用すれば、スタッフの負担を減らし安定した営業活動が可能になります。これまでは多くの企業経営者が、限られた人材や時間を思ったように使うことができず困っていました。最近ではこの問題を解決するためのスキームとして、インサイドセールスが急速に広まりつつあります。

従来の方法ではスタッフの負担が重く、思ったような成果を上げることができませんでした。しかし現在はインサイドセールスが広く普及し、多くの経営者たちの悩みを解決しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*